古銭買取のおすすめ

古銭の買取特集
高く売れる旧紙幣・記念硬貨のまとめ

2019/7/04(木)更新

遺品の古銭、どうすればいい?

古銭の買取

家族が生前に集めていた古銭のコレクション。

遺品整理で出てきた古銭をどう処分すればいいか困っていませんか?

私の場合は、父方の祖父と母方の祖父がそれぞれ、旧紙幣と記念硬貨を遺して亡くなりました。

遺品整理中に、
「古銭の価値も処分方法もわからないので、ネットで調べて欲しい」
と両親から頼まれた私は、出張買取で売ることを検討しつつ、現在の価値を調べました。

この記事では、祖父が遺した旧紙幣と記念硬貨がいくらで売れるのか、参考買取価格を写真付きでまとめています。

高く売れる古銭のチェックリストもまとめていますので、お手持ちの古銭に価値があるかどうか、チェックしてみてくださいね。

もし高く売れそうな古銭をお持ちなら、専門業者に鑑定してもらうといいですよ。

旧紙幣の買取について

旧紙幣

旧紙幣とは?

発行を終了した古い紙幣のこと。

旧紙幣は大量に発行されているので、希少価値があるものは少ないです。

昭和の旧紙幣はかなり古いものでも、今でもお金として使えます。

日銀のサイトで「現在も使える旧紙幣」がまとめられているので、お持ちの方はチェックしてみてください。

意外にも、1円札や5円札がまだ使えるんですよ。

遺品で旧紙幣が出てきたら、得することはあっても損することはないです。

祖父の旧紙幣がいくらで売れるのか調べてみた!

祖父が遺した旧紙幣は全て日本国内で発行された旧紙幣で、明治通宝1点を除き、昭和に発行されたものでした。

紙幣刷新で新しいお札が出たときに、手元にあったお札をただ取っておいたもののようです。

未使用のピン札はありませんでした。

旧紙幣は今でもお金として使えるもので、額面以上の価値はないことがわかりました。

念のため、一枚ずつ紙幣のエラーや記番号をチェックしましたが、プレミア価値のあるものは一枚もなく、全てありふれた旧紙幣でした。

そのため、買取してもらうのはやめて、お金として使うことにしました。

明治通宝の買取価格は?

明治通宝

上の画像は明治時代に発行された一円札、明治通宝です。

旧紙幣の中に一枚だけ混じっていました。

これくらい古い紙幣になると、状態が良ければ5,000円~10,000円くらいで売れるようです。

この明治通宝は破れたところにセロテープが貼られていて状態が悪すぎるので、ほとんど価値はないと思われます。

明治通宝を最初に見たとき、中国のお札かなと思いました。

勇ましい龍が二匹描かれていて、デザインが全く日本の紙幣っぽくないんですよ。

古銭の買取サイトで同じ写真を偶然見つけて、明治時代のお金だと分かりました。

時代劇で江戸時代の大判・小判・銭貨はよく目にするのに、明治時代のお金ってなかなか見る機会がないですよね。

軍用手票の買取価格は?

軍用手票

五銭と印刷された小さな紙幣のようなもの。

「五銭 旧紙幣」で調べてもヒットしないので、「大日本帝国政府軍用手票 五銭」で検索したところ、普通のお金ではなく軍用手票と呼ばれる手形のようなものだとわかりました。

軍用手票は戦時中の占領地・駐留地でお金の代わりに使われたものです。

祖父が遺した軍用手票は支那事変(日華事変)の丁号券。

昭和14年(1939年)に発行されたものです。

ドラゴンボールのシェンロンのような龍がドーンと描かれています。

日本軍の手票なのに、デザインが中国風なのが不思議です。

古銭の通販で同じ物の美品が580円で売られていました。

軍用手票の中では、ごくありふれたもののようです。

この軍用手票は祖父が徴兵されて戦争に参加した証拠なので、このまま大事に取っておくことにしました。

軍用手票は高く売れる!

軍用手票は今となってはもちろん、お金としては使えません。

しかし、古銭のコレクターには人気があるジャンルなので、古銭の買取業者に額面以上の金額で売れます。

軍用手票の中でも希少価値のあるものは、数万円から数十万円で売れるようです。

遺品整理で軍用手票が何種類も出てきたら、プロの鑑定をお願いすると良いでしょう。

どんな旧紙幣が高く売れるの?

高く売れる旧紙幣のポイントをまとめました。

お手持ちの旧紙幣に高く売れるものがあるか、チェックしてみてくださいね。

旧紙幣の買取ポイント高く売れる旧紙幣のポイント

  1. 紙幣に印刷ミスがあるもの(エラープリント)
  2. 紙幣に印刷ズレがあるもの(エラープリント)
  3. 紙幣の表と裏で記番号が違うもの(エラープリント)
  4. カットミスで紙幣に福耳が付いているもの
  5. 記番号がキリバンのもの (ex.100000)
  6. 記番号がゾロ目のもの (ex.777777)
  7. 記番号がサンドイッチ番号のもの (ex.100001)
  8. 記番号が一桁ナンバーのもの (ex.000001)
  9. 記番号が階段のもの (ex.123456)
  10. A-A券、Z-Z券 (ex.A○○○○○○A、Z○○○○○○Z)
  11. 昭和初期より前に発行された旧紙幣

1~10までのポイントは、紙幣の種類を問いません。

故人が珍しい紙幣を集めていた場合には、こうした特殊な旧紙幣がコレクションに混じっている可能性があります。

「ありふれた旧紙幣なのに、なんで厳重に保管されているんだろう?」
と思ったら、旧紙幣の印刷具合や記番号をチェックしてみてくださいね。

もしかすると、額面よりもずっと高く売れる珍品かもしれません。

なお、昭和初期より前に発行された旧紙幣は、価値のあるものとないものの差が激しいです。

古い紙幣が何種類もある場合は、素人でなかなか調べきれないので、プロの出張鑑定をお願いすると良いでしょう。

記念硬貨の買取について

オリンピックの記念硬貨

記念硬貨とは?

別名、記念貨幣、記念コイン。

国家的な出来事を記念して発行される硬貨のこと。

・表面を美しく加工したプルーフ貨幣
・カラー印刷を施したカラーコイン
・観賞用ケースに収めたミントセット
などがあります。

記念硬貨は発行数が少ないものほど価値が高いです。

日本国内の記念硬貨は表面に「発行年」と「何を記念したコインか」を彫り込んであるので、素人でも価値を調べやすいです。

祖父の記念硬貨がいくらで売れるのか調べてみた!

父方の祖父が買い集めていた記念硬貨。

昭和の時代は記念硬貨収集が今よりもメジャーな趣味で、発売日になると郵便局に行列ができたそうです。

祖父の記念硬貨コレクションは枚数が多かったので
「一枚くらい高く売れるものはないか」と期待して調べてみたのですが……

整理してみると、全部で13種類しかありませんでした。

同じ記念硬貨を何枚も買い込んでいたようです。

どれも当時の発行枚数が多いものばかりで、残念ながら、高く売れる記念硬貨は一枚もありませんでした。

遺品に同じものが含まれている方は多いかと思いますので、写真と記念硬貨の名称を載せています。

高く売れない記念硬貨の例として、チェックしてみてくださいね。

現在の価値は、バラの並品を売る場合の参考買取価格です。

ケースに入ったセットものや完全未使用品ならもっと高く売れると思います。

1964年東京五輪記念1000円銀貨

1964年東京五輪記念1000円銀貨

発行年度1964年(昭和39年)
買取価格1,000~2,000円前後

日本初の記念硬貨ですが、発行数が多いので特に高く売れるわけではありません。

1964年東京五輪記念100円銀貨

1964年東京五輪記念100円銀貨

発行年度1964年(昭和39年)
買取価格100~200円前後

1000円銀貨と同じく、大量に発行されたので特に高く売れるわけではありません。

日本万国博覧会記念100円白銅貨

日本万国博覧会記念

発行年度1970年(昭和45年)
買取価格200~300円前後

葛飾北斎の「赤富士」が描かれている記念硬貨です。

札幌オリンピック記念100円白銅貨

札幌オリンピック記念

発行年度1972年(昭和47年)
買取価格100~200円前後

聖火が描かれている記念硬貨です。ミントセットは高く売れるようです。

沖縄海洋博覧会(EXPO'75)記念100円白銅貨

沖縄海洋博覧会(EXPO’75)

発行年度昭和50年(1975年)
買取価格100円前後

額面の左右に二頭のイルカが描かれているかわいいデザインの記念硬貨です。

天皇陛下御在位50年記念100円白銅貨

天皇陛下御在位50年記念

発行年度1976年(昭和51年)
買取価格100~200円前後

菊の紋章がデザインされた記念硬貨です。

国際科学技術博覧会(EXPO'85)記念500円白銅貨

国際科学技術博覧会記念

発行年度1985年(昭和60年)
買取価格500円前後

つくばEXPO'85を記念して発行された記念硬貨です。

内閣制度創始100周年記念500円白銅貨

内閣制度創始100周年記念

発行年度1985年(昭和60年)
買取価格500円前後

総理大臣官邸が描かれている記念硬貨です。

天皇陛下御在位60年記念500円白銅貨

天皇陛下御在位60年記念

発行年度1986年(昭和61年)
買取価格600円前後

60年記念硬貨は50年記念のものよりも菊の紋章が大きく描かれています。

青函トンネル開通記念500円白銅貨

青函トンネル開通記念

発行年度1988年(昭和63年)
買取価格700円前後

北海道と本州の地図が描かれている記念硬貨です。

皇太子殿下御成婚記念500円白銅貨

皇太子殿下御成婚記念

発行年度1993年(平成5年)
買取価格500円前後

二羽の鶴が描かれている記念硬貨です。
5万円金貨はやや高く売れるようです。

関西国際空港開港記念500円白銅貨

関西国際空港開港記念

発行年度1994年(平成6年)
買取価格500円前後

関西国際空港が描かれた記念硬貨です。

第12回アジア競技大会記念500円白銅貨(陸上競技ver)

第12回アジア競技大会記念

発行年度1994年(平成6年)
買取価格500円前後

第12回アジア競技大会記念硬貨は陸上競技バージョンと水泳バージョンがあります。
写真は陸上競技の方です。
水泳バージョンもあったのですが、写真を撮り忘れました。

台湾10円硬貨

台湾10円硬貨

発行年度
買取価格

台湾で現在も使える10円硬貨です。
祖父が旅行に行ったときの残りらしく、記念硬貨の中に紛れていました。

どの写真も不鮮明で申し訳ありません。
硬貨の絵柄をきれいに撮るのは難しいですね。

どんな記念硬貨が高く売れるの?

高く売れる記念硬貨のポイントをまとめました。

お手持ちの記念硬貨に高く売れそうなものがあるか、チェックしてみてくださいね。

記念硬貨の買取ポイント高く売れる記念硬貨のポイント

  1. ケースに入った記念硬貨(ミントセット)
  2. カラーコイン
  3. 金貨

古銭コレクションの中に普通の硬貨が入っていた場合は、エラーコインかもしれません。

次のポイントをチェックしてみてください。

エラーコインのポイントエラーコインのチェックポイント

  1. コインの穴ずれ(穴の位置がずれている硬貨)
  2. コインの穴なし(穴があるはずの硬貨)
  3. コインの角度ずれ (表裏の絵柄で角度がずれている硬貨)
  4. コインの刻印ずれ(絵柄が中央からずれている硬貨)
  5. コインの影うち(裏表の絵柄が同じ硬貨)
  6. コインの裏写り(裏と表の絵柄がどちらか一方の面に重なって刻印されている硬貨)

エラーコインは現行の硬貨でも高く売れます。

むしろ、最近の硬貨の方がエラーコインが発生しにくいので、価値が高いようです。

上のリストには挙げていませんが、紙幣・硬貨よりも前の時代の古銭が見つかった場合には、より高く売れる可能性があります。

江戸時代の大判、小判、一分金、丁銀、豆板銀、一文銭などですね。

大判
大判(画像提供:バイセル)

一般家庭に今でも残っているとは考えにくいですが、例えば大判なら数百万~数千万円で売れることもあるようです。

故人が古銭の収集にお金をかけていたなら、コレクションにお宝が混じっているかもしれません。

一度、プロの出張鑑定をお願いするとよいでしょう。

古銭を売るならどこがおすすめ?

古銭の鑑定をお願いするなら、大手で評判の良い買取業者を利用するのが間違いありません。

宅配買取では古銭の査定結果について十分な説明が受けられないので、出張買取の方がおすすめです。

バイセルの出張買取は顧客満足度No.1!

古銭の出張買取

坂上忍さんのテレビCMでおなじみのバイセル。

ゼネラルリサーチの調査によると、バイセルは出張買取業界で顧客満足度No.1の評価を獲得しています。

古銭・記念硬貨を売るならバイセルがおすすめです。

バイセルの出張買取はクーリング・オフにも対応しており、安心して鑑定をお願いできます。

バイセルに古銭の出張買取を頼める地域は?

バイセルは下図のとおり、全国の都道府県で出張買取に対応しています。(離島地域は除く)

出張買取の地域

バイセルの買取対象地域

北海道/東北地方
北海道 青森県 秋田県 岩手県 宮城県 山形県 福島県
関東地方
東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 栃木県 群馬県 茨城県
北陸/甲信越地方
長野県 新潟県 山梨県 石川県 福井県 富山県
東海地方
愛知県 岐阜県 静岡県 三重県
関西・近畿地方
大阪府 兵庫県 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県
中国地方
山口県 岡山県 広島県 鳥取県 島根県
四国地方
香川県 高知県 徳島県 愛媛県
九州/沖縄地方
福岡県 宮崎県 長崎県 佐賀県 熊本県 鹿児島県 沖縄県

出張は全国どこでも無料です。

査定料やキャンセル料なども一切かかりません。

査定後に買取が成立すれば、その場で古銭を現金買取してくれます。

バイセルは24時間365日、出張買取の電話相談ができる!

バイセルの古銭買取は電話で申し込みを受け付けています。

コールセンターは24時間、365日対応しています。

古銭の買取について分からないことがあればオペレーターに聞けるので、古銭に詳しくない人でも利用しやすいです。

思い立ったら、まずは電話で相談してみましょう。

古銭・記念硬貨の買い取りならバイセル

まとめ

古銭の価値がわからないと、どう処分すればいいのか迷ってしまいますね。

私の場合は、祖父の古銭が今でも使えるもので、額面以上の価値がないことが分かったので、お金として使っていくことにしました。

遺品の古銭に価値がありそうな場合は、出張買取でプロに鑑定してもらうのが、一日で片付くので楽だと思います。

この記事が遺品整理のお役に立てば、嬉しいです!

遺品整理のおすすめ
↑top
inserted by FC2 system