古本・ゲーム買取のおすすめショップランキング
古本・中古ゲーム・CD・DVDを高く売るならどこがおすすめ?買取map
ネット買取の口コミ・評判をまとめたランキング、最新の買取キャンペーン情報を掲載

古本を図書館に寄贈する

図書館に本を寄贈

古本を処分する方法には買取業者に売る以外に、住んでいる自治体の図書館に寄贈するという手もあります。

図書館に古本を寄贈するときに注意する点についてまとめました。

どんな本でも図書館に寄贈できるわけではない

図書館に寄贈できない本

寄贈に向かない本とは?

自分にとっては価値のある本でも、借りる人がほとんどいないような本は図書館に寄贈すべきではありません。

特に、特定の宗教、政治的思想、食品や健康法などを推奨・啓蒙する内容の本や18禁の本は図書館から断られます。

図書館司書をしている友人に聞いた話ですが、宗教団体からの布教目的の寄贈が多いらしく、対応に困るそうです。

同様に、汚れ、破れ、書き込み、水濡れなどのダメージがある本も図書館の迷惑になります。

専門書、問題集、辞書、雑誌なども借り手がないので、寄贈に適していません。

図書館に寄贈できる本

どんな本が寄贈に向いている?

図書館に寄贈して喜ばれるのは、図書館で予約が多い人気作家の本、それも新刊です。

ハードカバーよりも文庫本の方がスペースを取らないので喜ばれます。

村上春樹、宮部みゆき、東野圭吾、佐伯泰英、赤川次郎、有川浩の作品は新しいものであれば、どこの図書館でも歓迎されるのではないでしょうか。

その年に大きな賞を取った本や映画化した作品も図書館に予約が殺到するので、喜ばれると思います。

子どもたちに人気の児童書・絵本も寄贈に向いています。

また、その地域の郷土資料については、ほとんどの図書館が寄贈を受け入れています。

全ての図書館が古本の寄贈を受け入れているわけではない

図書館の本

図書館は限られたスペースで新刊を定期的に入荷しつつ、運営しています。

本棚や書庫に余裕がなかったり、予算が潤沢で蔵書が不足していない図書館は一般からの寄贈を受け入れない場合もあります。

いきなり図書館に古本を持ち込んだりせず、最寄の図書館が一般からの寄贈を受け入れているかどうか、事前に確認を取ってから持ち込みましょう。

こちらが図書館への寄贈を希望しても、図書館の都合で断られることもあります。

横浜市立図書館のように、寄贈してほしい本についてHPで情報を公開しているところもありますよ。

寄贈の手続きについて

寄贈手続き

図書館に本を寄贈するには、寄贈申込書の提出が必要です。

本のタイトル・作家名・冊数・自分の名前などを記入して、寄贈する本と一緒に図書館に提出すればOKです。

特に難しい手続きは必要ありません。

ただし、図書館に寄贈できる本・できない本を自宅で分別するのに時間がかかると思います。

宅配買取なら不要な本をまとめて売れる!

古本の処分

手間をかけずに不要な本を処分したいなら、宅配買取でまとめて売るのがおすすめです。

古本を大量に処分したいときはネットオフの宅配買取が利用しやすいでしょう。

ネットオフはダンボールを6箱まで無料で送ってもらえて、送料無料で売ることができます。

古本は重くてかさばるので、送料無料の宅配買取がおすすめです。

新刊を一冊だけ売るなら「ポストにポン買取!」

ネットオフの「ポストにポン買取!」では、話題の書籍やゲームソフト・DVDを一点から送料無料で買取しています。

ベストセラーの新刊を一冊だけ売るときに利用しやすいです。

医学書・教科書などの専門書は専門の買取業者がおすすめ!

専門書は図書館に寄贈できない

医学書・専門書・受験用の参考書などは、専門の宅配買取業者がそれぞれ高く買取しています。

詳しくは、「どこに売るのが一番おすすめ?希望条件で選ぶ宅配買取」をご覧ください。


↑top
inserted by FC2 system