初代プレイステーションについて

初代プレイステーションの買取

プレイステーション本体プレイステーションってどんなゲーム?

ゲーム機 PlayStation(通称:プレステ、プレステ1、PS)
メーカー ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日 1994年12月3日
定価 39,800円
種別 家庭用据置型ゲーム機
対応メディア CD-ROM XA、CD-DA
プレイステーションPSで一番売れたソフト
ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち(ジャンル:PRGゲーム)

プレイステーションは当初、任天堂とソニーが共同で開発していたスーパーファミコンの後継機でした。
ところが、開発途中で任天堂がオランダの総合電機大手フィリップス社との新たな提携を発表したため、共同開発は中止に追い込まれてしまいます。
最終的にソニーは自社でゲームハード事業を立ち上げて、プレイステーションを発売しました。
任天堂は2年後の1996年にスーパーファミコンの後継機「NINTENDO64」を発売しますが、その頃には既にプレイステーションが圧倒的なシェアを獲得しており、その後も任天堂はプレイステーションのシェアを奪うことはできませんでした。
プレイステーションが発売された1994年は据置型ゲーム機の発売が集中した年でした。
セガからはセガサターンが、SNKからはネオジオCDが、松下電器産業からは3DO REALが、NECからはPC-FXが発売されました。
この中でも二強はプレイステーションとセガサターンでした。
セガはハード性能では善戦していましたが、サードパーティを集められない(=発売されるゲームタイトルが少ない)というvs任天堂時代からのウィークポイントを克服することができないまま、プレステとの仁義なき値下げ競争に突入して撃沈しました。
ゲーム機本体のコストをプレイステーションほど下げられなかった点も、セガの足を引っ張っていたようです。
プレイステーションはスクウェアのファイナルファンタジーシリーズ、エニックスのドラゴンクエストシリーズが参入することが決まったことで、勝ち抜けが決定的になったように思います。
その後も多くのサードパーティがプレイステーションに参入し、国内で発売されたPSソフトの数はなんと4,324タイトルにも上りました。

プレイステーションの特徴

プレイステーションの特徴としては、3Dポリゴン処理に長けていることが挙げられます。
ナムコの「鉄拳」、タカラの「闘神伝」などの3D格闘ゲームがプレイステーションから発売され、セガの人気ソフト「バーチャファイター」と競い合いました。
また、プレイステーションでは高画質ムービーの再生が可能になり、ファイナルファンタジーなどでストーリー演出に使われたり、デモムービ、エンディングなどで動画が流れるようになりました。
デュアルショックという振動機能つきのコントローラーが売り出されたのも、プレイステーションからです。
デュアルショックの振動機能については、2002年に特許侵害だとしてソニーがアメリカのイマージョン社に訴えられるということがありました。
現在は和解しているようです。
プレイステーション本体の価格は発売当初39,800円でしたが、バージョンを改めるごとに値下げを繰り返し、最終的には15,000円まで下がりました。
プレイステーションを小型化したPS one(ピーエス ワン)は2000年に発売され、こちらは最終的には9,980円まで値下がりしました。


プレイステーションのソフト廉価版ソフトの発売はプレステが初!

ゲームメーカーがソフトの廉価版を発売するようになったのも、プレイステーションからです。
生産コストが安いというCD-ROMの特徴を生かして、プレイステーションでは過去の名作が数多く再販されました。
私がよく覚えているのは、スーパーファミコン用ソフトのファイナルファンタジーIV、V、VIをまとめて移植した、「ファイナルファンタジーコレクション」です。
この移植は本当に嬉しかった!
プレイステーションではメモリーカードにセーブデータを記録できますので、スーファミで遊んでいたときのように、ロムカセットに保存していたデータがぶっ飛んでしまうことがないんですね。
安心してゲームクリアまで遊ぶことができました。
プレイステーション初代の買取


プレイステーションの買取価格プレイステーションソフトの互換性について

現在、プレイステーションはPS4が最新機種です。
PS2はPSと互換性がありますので、PS2でPSの全てのソフトを遊ぶことができます。
また、PS3も原則、PSと互換性がありますので、PS3でPSのソフトを遊ぶことができます。
ただし、一部のソフトでバグが発生したり、フリーズすることがあるようです。
どのソフトでどんなバグが発生するかは、公式サイトに情報があります。

PS3は初期のバージョンを除いて、PS2との間に互換性がありません。
現在売られているPS3本体では、PSのソフトは遊べてもPS2のソフトは遊べません。

最新機種であるPS4はPS3と互換性がありません。
そのため、PS4は過去のプレステソフトを入れて遊ぶことができません。
ただし、「PlayStation Now(PS now)」というクラウドゲームサービスを利用すれば、PS4で過去のプレステソフトを遊べます。
この場合、有料で新たにゲームデータを購入することになります。
PS nowでは、180タイトル以上のゲームライブラリをクラウドサーバー上でいつでも遊ぶことができます。
対象タイトルを一定期間遊び放題の「定額制サービス」と、1タイトルごとに所定の期間遊ぶ権利を購入する「レンタルサービス」の2種類のサービスプランがあります。


プレイステーションプレイステーションの中古買取価格・販売価格

通販ショップ駿河屋ではプレイステーション本体、PSのソフト、コントローラーやアダプター、メモリーカードなどの周辺機器の買取と中古販売を行っています。
もう一度初代プレステで遊んでみたい人には駿河屋のレトロゲーム通販がおすすめです。

PS本体の価格

初代プレステは製造した時期、地域によって型番が異なります。
中古市場での買取価格・販売価格はこの型番ごとに決まっています。

SCPH-1000、SCPH-3000、SCPH-5000 買取価格1,500円
SCPH-5500 買取価格400円
SCPH-9000 買取価格3,000円
SCPH-3000 販売価格3,000円
SCPH-5000 販売価格2,979円
SCPH-5500 販売価格1,990円
SCPH-9000 販売価格4,980円
価格参照:駿河屋
レトロゲーム販売の駿河屋

壊れたPSの買取壊れたPS本体の買取について

駿河屋では、壊れたPS本体(動作不良品)は買取対象外です。
PSone本体も買取対象外です。
次世代機のPS2本体、PS3本体、PS4本体、PSP本体、PSVita本体は壊れていても買取してもらえます。
壊れた本体の買取価格は駿河屋の動作不良品買取リストに詳しく載っています。
また、宅配ゲーム買取のヤマトクでは壊れたゲーム機本体の買取を送料・手数料無料で行っています。
壊れたプレステ本体を売りたい人にはヤマトクの買取がおすすめです。


プレミアソフトプレイステーションのレアソフトランキング

現在プレミア価格が付いているPSソフトのランキング・ベスト5とその買取価格についてまとめました。

プレミア価格が付いたPSソフト買取価格
メタルギアソリッドプレミアムパッケージ(メタルギアソリッド債発行記念)
ロックマンX4 SP版
14,000円
夕闇通り探検隊 13,000円
LSD 10,000円
ハームフルパーク 9,000円
・わくぷよダンジョン決定盤
・lain serial experiments
8,500円

※上記の買取価格はゲームソフトの箱・説明書がある場合のものです。

現在、プレイステーションのソフトはそれほど高く売れません。
プレミア価格のついたゲームタイトルは少ないです。
逆に言うと、中古ソフトの販売価格が安いのでこれから遊びたい人にはお買い得です。
昔、欲しくても買えなかったソフトが今なら安く買えます。

レアソフト1 メタルギアソリッドプレミアムパッケージ(メタルギアソリッド債発行記念)

レアソフトランキング1位の「メタルギアソリッドプレミアムパッケージ(メタルギアソリッド債発行記念)」はメタルギアソリッド債(コナミが発行する社債)を購入した人に配布された非売品のプレミアムパッケージです。
中身は通常のプレミアムパッケージと同じで、メタルギアソリッドのゲームソフト、幻想水滸伝Ⅱの体験版、メモリーカード用のシール、メタルギアソリッドのサントラCD、シリアルナンバー入り FOX-HOUND部隊ドッグタグ、パンフレット、特製Tシャツなどが入っています。
プレミアムパッケージは元々の値段が高いので、プレミア化しているととは言ってもそこまで値上がりしているわけではありません。

レアソフト1 ロックマンX4 SP版(スペシャルリミテッドパック)

同じく1位の「ロックマンX4 SP版(スペシャルリミテッドパック)」はロックマンXP4の数量限定版で、エックスのアルティメットアーマー立体キットが同梱されています。
流通量が少なく、プレミア価格がついています。

レアソフト2 夕闇通り探検隊

レアソフトランキング2位の「夕闇通り探検隊」は中学生が主人公のサイコ・ホラー・アドベンチャーゲームです。
発売当初は話題にならなかったため流通量が少なく、じわじわと作品内容が評価されてプレミア価格がついています。
夕闇通り探検隊はPSの隠れた名作です。

レアソフト3 LSD(エルエスディー)

レアソフトランキング3位の「LSD(エルエスディー)」はPSの奇ゲーとして有名な作品です。
タイトルの通り、薬物の幻覚症状を追体験できるような、意味不明の映像が延々と続きます。
起承転結も何もありません。
ホラーゲームとは違った方向の恐さ、気持ち悪さがあるゲームです。

レアソフト4 ハームフルパーク

レアソフトランキング4位の「ハームフルパーク」は2Dの横スクロールシューティングゲームです。
遊園地を舞台にしたポップなグラフィックが特徴の良作です。
コレクション目的でなければ、アーカイブズ版をPS3、PS Vita、PSPで安くDL購入できます。

レアソフト5 わくぷよダンジョン決定盤

レアソフトランキング5位の「わくぷよダンジョン決定盤」は魔道物語、ぷよぷよシリーズのダンジョン探索ゲームです。
PS版の前にセガサターンでも発売されており、PS版はセガサターン版に追加・修正が加えられています。

レアソフト5 lain serial experiments

同じく5位の「lain serial experiments」は「アタッチメントソフトウェア」として発売された異色のゲームです。
lain serial experimentsは元々、雑誌連載、アニメでマルチメディア展開していた作品で、年齢制限は入っていないものの、全年齢で良いのか不安になるような内容です。
グロ表現を含む、鬱展開のゲームです。
ゲーム自体は淡々とムービーを見ていくだけなので、何かを攻略したりゲームオーバーになったりすることはありません。

レアソフトランキングのデータ参照:駿河屋
    レトロゲームの買取 管理人:大吉
    本とゲームが大好きな社会人オタク。 ネット買取(宅配買取)のヘビーユーザー。
    昔は古本屋の出張買取を利用していました。
    未プレイの名作レトロゲームを攻略するために、中古ゲームを売ったり買ったりしています。
ページトップへ
inserted by FC2 system